スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サリーの洗い方

20090112

【Madhuri】では化繊のオーガンジー素材を主に扱っています。

殆どの商品はドライクリーニングをお勧めいたします。少々の汚れは部分洗いも出来ますが、ビーズやスパンコール刺繍は取れやすいのでご注意ください。

クリーニング店へ出されるときもお店とご相談されてください。中には洗え無いサリーもありますがそんな時は私はファブリーズなども使用します。最初にビーズの色落ちがしないか目立たないところでお試しされてからご使用ください。中にはこれらも使用しない方がいいサリーもありますのでご注意ください。


◆パンジャブについて

殆どの商品はドライクリーニングをお勧めいたします。少々の汚れは部分洗いも出来ますが、ビーズやスパンコール刺繍は取れやすいのでご注意ください。

インド製品は既製品を除きまして商品タグは付いておりません。ご了承ください。
スポンサーサイト

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。